2008年06月16日

本の紹介,そして・・・

4880374253住民投票の手引―市町村合併は住民の意思で
岡田 知弘 自治体問題研究所
自治体研究社 2004-10

by G-Tools

■住民投票条例の制定を求める直接請求のしくみと成功の秘訣を紹介する。
 条例にもとづく住民投票の調査結果掲載。
 ・住民自治の新しい時代がやってきた―住民投票運動と地域づくり(岡田知弘)
 ・こうしたらできる住民投票(請求の段階―谷上晴彦・議会審議と投票段階―高橋剛)
 <各地の実践>大江町・垂井町・日野町・忠岡町・塩沢町・見附市・茅野市
 [調査と解説]条例にもとづく住民投票の実施動向(福島富)

(書籍紹介記事より)


岡田先生は,私が1学期間だけ聴講させていただいた
(というより,論文指導ゼミも含めれば1年半・3期になりますが)
お世話になった先生ですが,ここで登場する垂井町とのご縁を
(岡田先生も合併問題の際には勉強会の講師として何度も垂井に足を運ばれたそうです)
・・・どういったわけかいただいたわたくし。

こちらのイベントの実行委員に・・・何故だか声をかけていただきまして。
岐阜・垂井からは山をいくつも隔てた京都に住んでいる私なんですけどね。
所さんとは縁もゆかりもない・・・全くないわけではないですけど,
お会いしたのは僅かに3回,お亡くなりになる前年でしたが
(一言も発さなかった私のことなど覚えていらっしゃらなかったでしょう),
それなのにご葬儀で弔電を読まれるという失態(笑)
(しかも読まれたのはたった5通,そして今回講演をしてくださる山下さんの次に・・・汗)

・・・というわけでそれだけですが(最期の晴れ?舞台を汚していなければいいのですが)
・・・まぁ実行委員らしきことは何もしてないですけどね,
話が判りそうな周りの人何人かにイベントの存在を知らせるくらいで
(といっても地元日進と現住地京都の人ばかりで…岐阜まで足を延ばしてくださるかな‥)。

posted by みー at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント等のお知らせ | #
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック